Honorable Kunio Hamada

Honorable Kunio Hamada

TOKYO

元最高裁判所判事。1960年東京大学法学部卒業。在学中に司法試験に合格し、1962年弁護士登録(第14期)。妹尾晃法律事務所、アンダーソン・毛利・ラピノウィッツ法律事務所勤務後、ハーバード大学ロースクールに留学(LLM1966)。サンフランシスコおよびニューヨークで米国法律事務所に勤務。

1975年濱田松本法律事務所を開設(2002年に森総合法律事務所と合併し、森・濱田松本法律事務所となる)
1991年 環太平洋法曹協会初代会長に就任
2001年 最高裁判所判事に任官(2006年同退官)
2007年 旭日大綬章受章
2011年 日比谷パーク法律事務所へ移籍、客員弁護士

For his contributions to the law and the legal profession, in 2007 the Government of Japan bestowed on him the highest honor it awards a civilian, the Grand Cordon of the Order of the Rising Sun. 

He studied at Harvard Law School and received his LL.M. degree in 1966.