Aaron Reitkopf

Aaron Reitkopf

TOKYO

グローバルデジタルマーケティングエージェンシー、MullenLowe Profero(IPG、MullenLowe Group傘下)のGlobal Chairman兼CEO。IPGによるProferoの買収を成功に導いた。また、世界65カ国、95以上のオフィスを構えるMullenLoweグループの役員としてグループ全体の事業戦略の統括も行う。 

Profero以前は広告代理店kbs+のCEOとしても活躍し、同社をマーケティングやビジネスソリューションを提供するMDC Partnersへ売却するまでに企業価値を約4倍にした実績を持つ。 

その他米テレビ局iMedia Brands, Inc.(NASDAQ上場)の社外取締役や、アフリカで地域医療サービスの提供と医療従事者の育成を行う非営利団体Amref Health Africaの理事も務め、幅広く活躍。世界中のプログラミングやデジタルマーケティングを学ぶ学生に低コストの学生ローンを提供するスタートアップ(ブラックストーングループにより買収)を支援するなど社会起業家との繋がりも深い。

Prior to his current roles, Aaron has worked in social entrepreneurialism helping to create a student loan startup dedicated to providing low cost student loans to coding, data science, UX and digital marketing students globally and sold to The Blackstone Group.  Prior to this period, Aaron led kbs+, an integrated marketing communications company (now named forsman & bodenfors) and worked on its sale to MDC Partners driving a 380% growth rate through the transaction period.