Jungo Kasai

リサーチ パートナー
SEATTLE

笠井淳吾。自然言語処理(NLP)、人工知能(AI)、機械学習を専門とするコンピュータサイエンティスト。現在、Paul G. Allen School of Computer Science at the University of Washingtonにて博士課程最終年を迎える。NAACL 2022で最優秀論文賞を受賞するなど、研究成果が多数トップ国際会議に採択。長期的なビジョンは、AIとNLPの民主化を進めること。

IBM Research、Facebook AI、Microsoft AI、Allen Institute for Artificial Intelligenceでの勤務経験から、AIが実社会で使われる為に必要な過程・要素にも精通している。

University of Washington入学前、2017年にイェール大学より統計学の学士号を取得。IBM博士号フェローシップ、マサソン財団奨学金、船井海外フェローシップなど、多くの栄誉と賞を獲得している。2015年、リチャード・U・ライトフェローシップの支援により北京の清華大学に留学。日本語、英語、中国語(北京語)に精通。